コース紹介┃

本センターでは一年を通じてコースを開講しており、それぞれ3、6、9、12月の第1月曜からスタートします。毎学期、毎日3時間/週15時間受講する。学期の開始・終了時期や申込期限につきましては、本センターのウェブサイトをご覧ください。コースは初級、中級、上級の3つに分かれており、初級と中級はそれぞれ更に3つ、上級は2つのレベルに分かれています。受講者は申込完了後、クラス分けテストの結果によってクラスに振り分けられます。

コース:

TOCFLレベル:

1.レベル:
中国語初心者向け、発音やピンインの学習からはじめます。

2.コース内容:
発音、基本的な漢字、日常生活で使用する基本的な用語(自己紹介、家族、趣味、ショッピング、グルメ、場所、時間等)など。

3.学習目標:
中国語で簡単な会話をしたり、人に何かを聞いたり、自分の欲しいものを選んだりなど、日常生活で必要な事に対処できることを目指す。


教科書:
《當代中文課程》Book I L1-l10+発音

1.レベル:
初級華語一修了、または学習時間数が150から180時間で累積語彙数が約500個。

2.コース内容:
病院での会話、天気について、道や交通機関について尋ねるなど、生活に関することや結婚式等。

3.学習目標:
中国語で比較、妥協、意見を言う時の表現を身につける。日常生活で予定していることや経験したことを話すことができる。また仮定の事柄について話したり、事件や状況の良し悪しについて意見を述べたりできる。文化については台湾の伝統的な婚礼や、ライフスタイルの違いについて理解する。


教科書:
《當代》第一巻11-15課~第二巻1-5課

1.レベル:
初級華語二修了、または学習時間数が300から360時間で累積語彙が約900個。

2.コース内容:
旅行の経験、旅行計画、それぞれの場所の地理や環境について。飲食習慣、将来のプランややりたいこと、縁起の良いものについて、新年の過ごし方や伝統的なお正月の食べ物など。

3.学習目標:
旅行中に見聞きしたことに関する表現、異文化への理解、忘れられない経験や人物についての描写に加え、事件や状況の良し悪しについて話し合ったり、苦情や意見を言ったり聞いたりできるようになったり、事件の推定される原因を話せるようになる。


教科書:
《當代》第一巻11-15課~第二巻1-5課

1.レベル:
初級華語三修了、または学習時間数が450から540時間で累積語彙が約1500個。

2.コース内容:
学校生活、買い物、気候、祝祭日、社会環境、流行文化、台湾の農業、家庭および自分の価値観について考えるなど。

3.学習目標:
スピーキング、長い会話や書き言葉の練習。学習経験の詳述、説得、簡単な規則や契約の理解、気候や伝統的な祝祭日の描写、強調、例示、より詳しいメッセージ、他人の意見に反対を述べるなど。

教科書:
《當代中文課程》Book III L1-L8

1.レベル:
中級華語一修了、または学習時間数が600から720時間で累積語彙数が約2000個。

2.コース内容:
インターネット経済、医療、歴史、政治、芸術活動、科学技術、風水。

3.学習目標:
スピーキング練習や書き言葉の練習。筋道だった理由や論証の説明、意見をまとめる、学習や仕事の経験について語る、様々な支払方法の利点・欠点、医師と治療方法について話し合う、出来事の原因や詳細を語る、反対意見を述べるなど。

教科書:
《當代中文課程》Book III L9-L12 Book IV L1-L4

1.レベル:
中級華語二終了、または学習時間数が750から900時間で累積語彙数が約2600個。

2.コース内容:
経済、自然災害、大学生活、社会現象、歴史、就職、社会システムの変化、政治など。

3.学習目標:
長い会話と長文の2種類を用い、より幅広い話題について語り合う。大学や未来の生活について、昔と今の考え方の違い、歴史上の事件の影響やそれによる変化、個人の学習歴について話し合えるようになる。台湾社会の人々や言語文化の多様化を理解し、政治に対する見方や意見を述べて他人を説得するなど。

教科書:
《當代中文課程》Book IV L5-L12

1.レベル:
中級華語三修了、または学習時間数が900から1080時間で累積語彙数が約300個。

2.コース内容:
中国の祭日文化の詳しい紹介、教育学習文化、旅行プラン、スポーツ、余暇、流行について話し合う。余暇活動、広告や娯楽、社会問題、様々な価値観および環境について。

3.学習目標:

中国語でディスカッションやスピーチができ、プレゼンテーション、レクチャー、短文での作文ができる。不満や風刺、謝罪、助言、許しを求める、傷心、気持ちの変化などを表すときの表現や比喩を使うことができる。


教科書:
《當代中文課程》Book V L1-L10

1.レベル:
上級華語一修了、または学習時間数が1050から1260時間で累積語彙数が約4000個。

2.コース内容:
健康、飲食文化、科学技術の発展、消費市場、個性の違いやライフスタイルの選択などについて話し合う。

3.学習目標:
流暢に、思いのままに表現でき、言葉にあまりつまることがない。社交、学術、専門的な内容などを、柔軟に、その場にあった言葉で話すことができる。複雑なテーマをわかりやすく書くことができる(構成がしっかりしていて、スタイルや話のつながりが明確)。

教科書:
《當代中文課程》BookⅥ L1-L10